ココナッツオイルを使った野菜をたっぷり摂取できるヘルシーレシピ

ココナッツオイルを使った野菜をたっぷり摂取できるヘルシーレシピ
最近、何かと話題になるココナッツオイルですが、ダイエット効果が高く健康にも良いとは言え、どのような料理に使ったらいいのか、さっぱり分からないという人もいるでしょう。

ココナッツオイルを使うと基本的に後味にココナッツの風味が広がりますので、南国風の風味に仕上がると覚えておけば、食材を選ぶときに外すことは少なくなるでしょう。

実際にどのように使っていけばいいのかイメージできるようにいくつかレシピを紹介していきます。



チャンプルー風野菜炒め


どのような野菜を使用しても構いません。

お好みで用意してください。

お肉に豚肉をチョイスすると良いでしょう。

それを適当な大きさに切っておき、フライパンを温め、ココナッツオイルを投入し広げていきます。

通常の野菜炒めと同じ手順で、お肉や野菜を炒めた後、少し味付けをします。

オイスタソースとスリ生姜(チューブ生姜でも構いません)で風味付けをして完成です。

お好みでレモン汁やかつお節をかけて風味を足しても美味です。

ココナッツオイル低カロリー野菜たっぷりレシピ

 

ココナッツオイルの揚げ浸し


必ず用意して欲しい野菜はブロッコリーとナスです。

あとはお好みで各種野菜を用意します。

付けるものには、めんつゆを用意します。

鷹の爪も一緒にあるとなおOKです。

鷹の爪がある場合、あらかじめ、めんつゆと合わせてタッパーなどの容器に入れておきます。

ブロッコリーを固ゆでして、めんつゆに浸けておきます。

次にナスと他に用意した野菜を適当な大きさに切り、ココナッツオイルで素揚げし、めんつゆに投入、全体的に混ぜて30分程度浸けておいて完成です。

 

エビのアジア風炒め


エビ、パプリカ、玉ねぎをココナッツオイルで炒める料理です。

調味料にナンプラー、にんにく、生姜、鷹の爪を使うことでアジア風のエビの炒めものになります。



しめじとアスパラのココナッツ炒め


食用油の代わりにココナッツオイルを使い、しめじとアスパラを炒めたものです。

これだけでも温サラダ的に楽しむことができますが、塩コショウを加えると炒めもの風に食べることができます。

 

カレー粉野菜炒め


カレー粉を使った野菜炒めです。

これだけでも充分に楽しめますが、仕上げにココナッツオイルを加えると南国風の料理に早変わりです。

また肉の代わりにツナ缶を使用することでよりヘルシーになります。

またツナ缶のオイルを野菜を炒める前に使うことで、脂肪分を減らすこともできます。

 

オクラと豚肉のじっくり炒め


オクラと豚肉を中火から弱火でじっくりと炒めた南国風の炒めものです。

食用油の代わりにココナッツオイルを使うことで南国風味を演出しています。

 

ミキサーで作る南国風コーンポタージュ


ミキサーで下準備を行ないます。

フライパンにココナッツオイルを入れたあとみじん切りにした玉ねぎを透明になるまで炒めます。

コーン缶、炒めた玉ねぎをミキサーにかけます。

鍋に移して温め直しながら、ブイヨンなどを入れて完成です。

ココナッツオイルトーストレシピ 手軽で簡単が人気!

 

さいごに


参考になったでしょうか。

基本的に簡単にできる炒めものを中心に紹介させてもらいました。

一味変わったカレーを作るときにもココナッツオイルを使用すると辛味が和らぎますし、炒めるときにココナッツオイルを使うことで深みのあるコクが出てきますので、一度チャレンジしてみてください。

 

ココナッツオイルの匂いが気にならないお料理のレシピをご紹介♪

ココナッツオイルの匂いが気にならない料理

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP