ココナッツオイルの匂いが気にならない料理

ココナッツオイルの匂いが気にならない料理
美容志向の人から、健康志向、ダイエッターにまで注目を集めているココナッツオイルですが、基本はやはり料理に使うことでしょう。

しかしながら、ココナッツオイルの風味から、敬遠する人も多く、健康のために我慢しながら、ダイエットのために無理をして、などストレスを感じながらココナッツオイルを使用している人も少なからずいるようです。

そこで、今回はココナッツオイル初心者でも安心して使用できる料理を紹介していきます。



ココナッツオイルを料理に使うときのコツ


ココナッツオイルは普段使いの食用油の代用品としても使うことができますが、そのときに広がる風味は非常に独特なものがあります。

そのため、ただ代用品として使用すると、他の食材の香りと「けんか」になることがあり、美味しいはずの料理が台無しになってしまうこともあります。
ココナッツオイルの風味を気にせずに使うには、元々香りが強い料理に使っていくことから始めることをお勧めします。

ココナッツオイルの独特な風味が目立たなくなるのでお勧めです。

 

最初はカレーに混ぜてみる


ココナッツオイルに慣れるためには、カレーの隠し味として使うことから始めると良いかもしれません。

カレー粉を自分好みでミックスさせている人は、調節するのも簡単にできると思いますが、市販されているカレーのルーなどでも問題ありません。

通常作るカレーの量に対して、大さじ1杯のココナッツオイルを仕上げに混ぜるだけで、余計な手間もかかりません。

 

使われているスパイスによっては、甘口タイプでも、尖った味になっていることがあります。

それを和らげるためにココナッツオイルは大活躍します。

口当たりがまろやかになり、仄かな酸味がすっきり感をもたらしてくれるので、非常に食べやすくなります。

 

マヨネーズなどに混ぜる


マヨネーズに混ぜてドレッシングを作る方法もお勧めです。

 

マヨネーズ自体、非常に香りが強いので、ココナッツオイルを混ぜるのに最適な調味料です。

慣れていないなら、小さじ1杯を目安に混ぜましょう。

それでも多いと感じる場合は、さらに量を減らしても構いません。

 

マヨネーズにココナッツオイルのドレッシングは、ほのかに香るココナッツの甘みとマヨネーズの風味が合わさって、野菜が苦手な人でも食べやすくなります。

他の調味料を入れる必要がないので、ココナッツの風味が強く感じたら、マヨネーズを足していって風味を調節することもできます。



味噌炒めに混ぜる


味噌炒めといえば、ナスの味噌炒めが美味しいですが、ココナツオイルを使うなら、鶏肉などを一緒に炒めるといいでしょう。

鶏肉は基本的に非常にあっさりしたものですので、下味を付けないと美味しく食べるのが難しいものでもあります。

また味噌の風味が強いので、ココナッツオイルを入れても「けんか」になることはなく、味噌のしょっぱさを和らげてくれます。

 

ココナッツオイルは味の緩衝材


ココナッツオイルを使うときは、いきなり食用油の代用品として使うのではなく、味の緩衝材として使うことから始めて行くことをお勧めします。

ココナッツオイルを使うことで、まろやかな口当たりや風味になることが多く、使いすぎに注意すると非常に食べやすいものとなります。

 

慣れてきたら、にんにく風味が強い料理などに使用して、やんわりとした香りにすることを目指すのもお勧めです。

最初のうちは、から味やしょっぱさなどを和らげる緩衝材として使用することから始めていきましょう。

 

こちらもオススメ!ココナッツオイルを使った簡単トーストレシピをご紹介♪

ココナッツオイルトーストレシピ 手軽で簡単が人気!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP