ココナッツオイルのトーストレシピ

ココナッツオイルのトーストレシピ
アンチエイジングからダイエットまで幅広く効果があると言われているココナッツオイルですが、サラダ油の代わりに使うだけでも、体脂肪率を減らす効果が期待できます。

またせっかくですから、もっと他の料理などにも応用していきたいものですよね。

調べてみるとかなり多くのココナッツオイルを使用したレシピがありますが、今回はお手軽にできるトーストでの使用方法を紹介していきます。



ココナッツオイルをトーストに使うときの基本


トーストなどに使うココナッツオイルはエキストラバージンオイルがお勧めです。

余分な成分が入りにくいので純粋にココナッツオイルを楽しむことができますし、効能もかなり期待できるからです。

簡単おいしいココナッツオイルスムージーレシピ

 

さて、実際にトーストにココナッツオイルを使う方法は2通りあります。

一つはパンを焼いた後でココナッツオイルを塗っていく方法です。

ココナッツオイルは25度を超えると液体化するので、焼きたてのトーストに塗ることができます。

またそのときに風味付けにはちみつを使用するとさらに美味しくなります。

 

もう一つの方法は、トースト前に全体的にココナッツオイルを乗せる方法です。

この方法ではパンにしっかりとココナッツオイルが染みこんでいくので、風味を充分に楽しむことができます。

ココナッツオイルは温めるとバターのような香りになります。

それだけでも充分に美味しいのですが、先ほど触れたように、そこへはちみつやその他のトッピングを工夫することで、さらに美味しくなります。

 

多くの場合は、グラニュー糖や上白糖、三温糖などをココナッツオイルとともに乗せてトーストすることが多いです。

参考:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1110010128/

 

また、スティック状にカッティングして、生クリームやフルーツなどを添えることで朝食時にゴージャス感を出すことができます。

参考:https://nanapi.jp/123078

 

お好みでシナモンを使用するのも良いかもしれません。

参考:http://mrs.living.jp/howto/article/1702364



ココナッツオイルでフレンチトーストもお勧め

フレンチトーストを作るときにはバターを使用してフライパンで焼くことが多いと思います。

バターの代わりにココナッツオイルを使うことでカロリーを減らしたヘルシーなフレンチトーストを作ることができます。

参考:http://cookpad.com/recipe/2591412

 

焼く前の準備は通常のフレンチトーストと変わりありませんので、そんなに難しいレシピではないかと思います。

フライパンで焼くときに、ココナッツオイルを使用するだけです。

バターを使ったフレンチトーストと風味は変わりませんし、身体に脂肪も付きにくいので、お勧めできるレシピです。

ココナッツオイル低カロリー野菜たっぷりレシピ

 

 さいごに


ココナッツオイルだからといって、特別な調理方法は必要ありません。

温めるとバターに近い風味であることから、バターの代わりに使われることも多いようです。

またエキストラバージンオイルは余分なものが混じっていないため、ココナッツオイル本来の風味や働きが期待できます。

アイデア次第では他にもさまざまな料理に応用できると思いますので、ぜひいろいろとチャレンジしてみてください。

 

毎日の朝食に取り入れてみたい簡単トーストレシピ

ココナッツオイルトーストレシピ 手軽で簡単が人気!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP